コンバージョン経路分析
1クリック完結

資料ダウンロードはこちら

こんな企業様におすすめ

  • 顧客理解のため、ユーザーの
    コンバージョンまでの経路を把握したい方

  • 複数の施策を実施しており、
    施策同士のつながりを
    確認したい方

ユーザーの経路分析における
課題

オンライン上でユーザーがどのような施策で興味をもち、コンバージョンをしたのかを把握することも顧客理解の1つです。
しかし、経路を理解した上で施策を打とうとしても、この行動を可視化することが難しく、
理解できないまま施策を決めてしまうことはありませんか?

課題
01

ユーザーの行動経路が分からない

指名検索 購入完了 どうやって商品名を知ったんだろう?
指名検索 購入完了 どうやって商品名を知ったんだろう?

課題
02

複数の施策を実施しているが、施策同士のつながりがわからない

ディスプレイ広告 指名検索 アフィリエイト広告
ディスプレイ広告 指名検索 アフィリエイト広告

課題
03

施策同士のつながりがわかっても改善に活かせない

ディスプレイ広告 指名検索 購入完了 ディスプレイ広告をやめたくはないけど、成果に貢献してるってどう証明したら良いんだろう?
ディスプレイ広告 指名検索 購入完了 ディスプレイ広告をやめたくはないけど、成果に貢献してるってどう証明したら良いんだろう?

まずは資料をご覧ください

資料ダウンロード

新規導入のご相談はお電話で

03-6831-4545

受付時間:平日10:00 – 18:00

アドエビスであれば、
以下のようなお悩みを解決します

お悩み01

ユーザーの行動経路がわからない

コンバージョンまでの一人ひとりの行動パターンが1つの画面でわかります。
また、ユーザーの購入した商品などの情報を取得することで、どのようなユーザーがどういった施策を経由して購買に至ったかを把握することができます。

考察例 初回に、「自然検索(Yahoo!)」接触し、その後「Google広告」をクリックし、最終的に「自然検索(Google)にて購入に至ったことがわかる
考察例 初回に、「自然検索(Yahoo!)」接触し、その後「Google広告」をクリックし、最終的に「自然検索(Google)にて購入に至ったことがわかる

お悩み02

複数の施策を実施しているが、
施策同士のつながりがわからない  

媒体軸ではなく、ユーザー軸で「どの施策」に「どの順番」で接触したかを一覧で見ることができるので、ひと目で施策同士のつながりを把握することが可能です。

「Google広告」が直接効果となっているフローでは潜伏期間が短いケース対応が多いため、短期的に獲得を狙うなら、「Google広告」の出稿を強化する チャネル軸や広告媒体・グループなど、分析粒度を詳細に設定しレポーティング可能。
「Google広告」が直接効果となっているフローでは潜伏期間が短いケース対応が多いため、短期的に獲得を狙うなら、「Google広告」の出稿を強化する チャネル軸や広告媒体・グループなど、分析粒度を詳細に設定しレポーティング可能。

お悩み03

施策同士のつながりが
わかっても改善に活かせない

間接的に施策が成果に貢献していたとしても、結局ラストクリックコンバージョンベースでのCV数やCPAを見ていては、間接効果を含めた費用対効果の証明は難しいですよね。
アドエビスでは、コンバージョンまでに接触した施策も加味した、コンバージョンへの貢献度を評価するための指標を用意しております。
ラストクリックコンバージョンが少なく、「再配分CV」が多い施策ほど「初回接触」「間接効果」での貢献度が高い施策として評価することができます。

間接的に貢献している施策の評価ができる指標をご用意しているためコンバージョンと並べて確認することが可能
間接的に貢献している施策の評価ができる指標をご用意しているためコンバージョンと並べて確認することが可能

まずは資料をご覧ください

資料ダウンロード

新規導入のご相談はお電話で

03-6831-4545

受付時間:平日10:00 – 18:00

導入企業様の声

自分の業種で事例を探す

アドエビスの基本機能をご紹介

ユーザー行動が複雑化する現代のマーケティングでは、ユーザーがどのような行動をして、
成果に至った・または至らなかったのかを、理解・考察した上でプロモーション戦略を練る必要があります。
アドエビスなら、正しい効果測定で「勝てる」マーケティングを実現することが可能です。