プライバシーステートメント

privacy statement
  1. トップ
  2. プライバシーステートメント

宣言

私たちイルグルムは、ニーズの多様化と消費行動の複雑化が進む現代社会において、データとテクノロジーを活用したデジタルマーケティングは、企業*¹の生産性と付加価値を高め、社会のイノベーションを促進するものと考えています。そこで私たちは、「データも、未来も見通しよく」をブランドメッセージとするマーケティングの効果測定プラットフォーム「アドエビス」を通して、企業価値の向上とよりよいユーザー*²体験を支援し、便利で豊かな社会の実現を目指しています。

そのために私たちは、企業からの委託を受け、信頼性と安全性の高いデータ基盤のもと、ユーザーのパーソナルデータを取得します。データを取得するにあたっては、法令を順守することはもちろん、技術的な変化にも迅速に対応しながら、ユーザーのプライバシーを尊重することを誓います。

私たちは、データとテクノロジーの活用を通した「企業価値の向上」と「プライバシーに配慮したよりよいユーザー体験」を両立すべく、以下の行動原則のもと、サービスを提供します。

*1 私たちイルグルムが提供する「アドエビス」を利用するお客様
*2 アドエビスを導入しているウェブサイトを閲覧する個人の方

パーソナルデータとは

「パーソナルデータ」とは、ユーザーに関するデータを広く含み、日本の個人情報保護法に定める個人情報に限定されません。たとえば、ユーザーが利用するブラウザのCookie情報に紐づくウェブサイトの閲覧履歴や行動履歴も、ユーザーのパーソナルデータに含まれます。但し、集計・分析等の処理を通じて、特定のユーザーとの対応関係が排斥された統計情報については、パーソナルデータの定義からは除外されます。

原則

  1. パーソナルデータの取扱いについて、ユーザーへの透明性を確保します
  2. パーソナルデータの取得に関するユーザーの意向を反映できるようにします
  3. ユーザーのプライバシー保護のための社内体制を整えます
  4. サービス利用者である企業と共にプライバシー保護のリテラシー向上に努めます
  5. プロファイリングにあたっては、ユーザーのプライバシー、公平性に配慮します
  6. セキュリティ対策を行います

1. パーソナルデータの取扱いについて、ユーザーへの透明性を確保します

  • どのようなパーソナルデータを扱っているのかを公表します。
  • どのような目的でパーソナルデータが使われることがあるのかを公表します。
  • ユーザーが安心してウェブサイトをご利用いただけるように、パーソナルデータの取得方法、利用方法を委託元である企業に説明します。

2. パーソナルデータの取得に関するユーザーの意向を反映できるようにします

  • ユーザーが、ご自身のご希望に応じて、パーソナルデータの計測を停止いただけるように、サービスを開発、運用します。
  • ユーザーに予め公表した利用目的の範囲を超えた、パーソナルデータの利用は一切行いません。

3. ユーザーのプライバシー保護のための社内体制を整えます

  • 私たちの社内にプライバシー保護のチームを作り、常にプライバシー保護関連の最新情報についての理解に努め、また、適切な判断ができるようにします。
  • 私たちのサービスおよび機能について、プライバシー保護の観点での評価を行います。

4. サービス利用者である企業と共にプライバシー保護のリテラシー向上に努めます

  • プライバシー保護に関わる法的・技術的な情報を、委託元である企業に積極的に提供し、「プライバシー保護」を共に推進します。
  • ユーザーのプライバシーへの配慮が不十分であると私たちが判断した企業には、サービスの提供の停止を含め、必要な対応を行います。

5. プロファイリングにあたっては、ユーザーのプライバシー、公平性に配慮します

  • 政治的信条、病歴、性的指向等の、特に配慮が必要なユーザー情報については、プロファイリングを行いません。
  • AIなどのテクノロジーを用いた個人に関する類推・判断には、事実と異なる意図しない結果が含まれる問題があることを認識し、必要に応じて適切な修正・制限を行います。

6. セキュリティ対策を行います

  • パーソナルデータに関する不正アクセス、紛失、破壊、改ざん、漏えいを防ぐための管理体制と仕組みを確立し、継続的にこれを改善します。
  • 私たちのサービスおよび機能について、セキュリティの観点での評価、監視を行います。

※本プライバシーステートメントの内容及び運用の妥当性について継続的に検証し、適宜見直しを行うことを予定しております。