次世代サービスを、アドエビスと共に作りませんか?

”共創型”開発プロジェクト始動

ABOUT

デジタルマーケティングを取り巻く環境は、大きく変化を続けています。価値観の多様化やテクノロジーの進化は、多面的で細分化されたマーケティングを可能にする一方で、新たに多種多様なマーケティング課題も生まれています。

アドエビスは、「多様化が進むマーケティング課題にともに向き合い、新たな価値を共創するパートナーになりたい」との思いから、新しく共創型開発プロジェクトを2019年7月より開始いたします。

皆さまの「声」が、新しいソリューションを作ります。

PROJECT ENTRY No. 1 AIがレポート分析と考察をサポート

Webマーケティング施策の分析/考察をアドエビス独自の人工知能が徹底サポートします。

提供背景/解決課題

これまでマーケターや広告運用者は、増え続けるレポート作成と、そのレポート考察に頭を悩ませてきました。

本プロジェクトでは、この膨大なレポーティング作業を独自の人工知能により自動化。大幅な作業工数の削減はもちろん、属人的な作業を解消し、効率的で安定的なマーケティング環境の研究開発を行います。

特徴

提供開始から15年、アドエビスが蓄積してきたビッグデータ/分析ノウハウを人工知能へインストール。計測された広告データや、投資判断に必要な広告コストデータをAIが自動解析。

マーケターや広告運用者が投資判断を行える、精度の高い考察レポートを月次でお届けします。

PROJECT ENTRY No. 2 ユーザー単位の検索ワード取得

検索ワードをユーザー単位で特定し、売上につながるキーワードの把握が可能です。

提供背景/解決課題

昨今、多くの検索エンジンでは、来訪ユーザーの検索ワードの取得を行うことが出来ません。これにより、実施しているSEO施策の投資対効果はもちろん、強化すべき検索ワードを正確に判断することができない状況です。

本プロジェクトでは、ユーザーの行動データや、閲覧しているコンテンツ、外部の提供データを活用することで、来訪ユーザーの検索ワードを特定する研究開発を行います。

特徴

アドエビスの広告クリックやサイトPV、コンバージョンといった行動データに加えて、検索ワードを取得。

コンバージョンに繋がっているキーワードや、アトリビューション視点でのキーワード発掘が可能になります。

PROJECT ENTRY No. 3 データドリブンLPO

各ユーザーに最適なページコンテンツを表示することでCVRを向上させます。

提供背景/解決課題

アドエビスは、あらゆるメディア接触やWebサイト内容行動データを、ユーザー毎に行動履歴データとして保持しています。
このユーザーの行動データに合わせて、最もCVRが高いWebページとなるよう、表示されるコンテンツを切り替える機能を検討しています。

ページの作成費用や作成にかかる作業負荷などの懸念があり、これまで実行できなかった、アトリビューションも考慮したデータドリブンLPOを実現させます。

特徴

ユーザーの行動データに沿ったコンテンツの表示が可能となるため、CVRや滞在時間が改善します。LP制作の不可の軽減にも貢献します。

当社は、この仕組み/提供方法について、特許を保持(特許第6211895号)しています。(サイト提供サーバ、サイト提供方法、およびサイト提供プログラム

PROJECT ENTRY No. 4 テレビCMの効果を数値化

統計データを用いてテレビCMの投資対効果を数値化します。

提供背景/解決課題

テレビCMを出稿している企業が抱える大きな悩みとして「テレビCMが、売上にどれだけ影響があるのか分からない」が挙げられます。

本プロジェクトでは、テレビCMを含む様々な広告施策をデータ化。アドエビスが持つWeb上のマーケティングデータと組み合わせることで、各広告の売上貢献を数値化し、投資対効果を明確にします。

特徴

アドエビスで取得された顧客の行動データと、テレビCMの出稿データ、その他関連するマーケティングデータをアドエビスへインプット。各施策の相関関係を導き出すと共に、テレビCMの成果を数値でレポーティングします。

Web広告との関連性はもちろん、Web媒体/マス媒体を横断した適切な予算配分をシミュレーション。精度の高い、統合的なマーケティングのプランニングを支援します。

PROJECT ENTRY No. 5 CRMデータ統合機能

アドエビスのアクセスログと企業が保有するCRMデータを統合し、パーソナライズマーケティングを実現します。

提供背景/解決課題

ユーザーは常時オンライン状態になり、ひとり一人にパーソナライズしたコミュニケーションが可能になっていきます。
そんな中で、企業のマーケティング活動において、データの重要性が、ますます高くなることも間違いありません。

あらゆるメディア接触やWebサイトの来訪履歴を、ユーザー軸で保持するアドエビスのデータとCRMのデータを統合させることで、精度の高いパーソナライズマーケティングの実現が可能です。

特徴

CRMデータとの統合により、
①優良顧客候の候補や離反可能性の高いユーザーIDを特定し、具体的な施策につなげることができます。
②アドエビスとCRMのデータを紐づけたレポート作成が可能となります。

これにより、広告毎のCPOや購買継続数、顧客単価などを把握出来るようになり、ROIベースでの広告施策の評価が可能となります。

OUTLINE

応募対象
会社/各種法人/個人事業主
※アドエビスの契約有無は問いません
応募期間
2019/07/12(金)~2019/7/31(水)
ご参加メリット
  • ①新サービスの「先行提供」

    先行して新サービスをご案内/ご提供させていただきます。どこよりも早く、新サービスをご利用いただくことが可能です。

  • ②「機能要望」の組み込み

    投票に参加いただいた方には、課題のヒアリングにご協力いただき、その声を製品開発に反映させていだきます
    自社だけでは解決できなかった課題が解消できるかもしれません。

  • ③「特別価格」でのご案内

    ご応募いただいた企業様には、本プロジェクトで実際に開発された新機能を特別価格でご提供させていただきます。

想定スケジュール
ご応募→ヒアリング(1ヶ月)→ベータ版先攻ご提供(3ヶ月)→正式版リリース(年内)
ご注意事項
※ 本プロジェクトは対象となる条件を変更、また期間を延長する場合があります。
※ 本プロジェクトは予告なく変更または中止する場合があります。

製品サイトへ