Gyro-n DFM連携

データフィード最適化・管理ツール「Gyro-n DFM(ジャイロンDFM)」は、Criteoに代表されるデータフィード広告出稿に必要なフィードの作成・更新からタグのカスタマイズ・導入支援までを行い、運用の手間を極限まで省くことができます。

高い精度でデータフィード広告を計測

広告の登録・更新作業を意識することなく、商品毎の詳細な計測が可能となります。

煩雑な集計作業は一切必要なく、どの広告がロイヤルカスタマーの獲得に寄与してるか、ひと目でわかります。

アドエビス・Gyro-n DFM連携

連携により効果測定に必要な作業を全て自動化

アドエビスとGyro-n DFMを連携することで、商品毎のURLを測定用URLに自動変換

広告効果の計測には、「パラメータ付与」や「遷移先URLの登録」といった登録作業が必要となるため、在庫状況や価格変動に合わせたデータ更新が頻繁に発生するデータフィード広告の計測では、膨大な登録作業工数が必要となり、多くの企業は商品単位ではなく、媒体単位で計測・分析するケースがほとんどでした。

「アドエビス」とデータフィード最適化ツールである「Gyro-n DFM」を連携することで、Gyro-n DFMに管理された商品単位のランディングページURLを、アドエビスの測定URLに自動変換・置換します。

データフィード広告の詳細な効果測定を実現

アドエビスとGyro-n DFMが連携することで、データフィード広告でも商品毎の詳細な計測が可能

商品・サービス単位での広告効果が可視化されます。

広告の登録・更新作業を意識することなく、商品・サービス毎の詳細な計測が可能となります。

データフィード広告の効果測定では困難だった、商品毎のアトリビューション効果の可視化はもちろん、それに伴う投資判断のスムーズな決定が可能になります。

TOPへ