1. TOP
  2. 目的ナビ

クライアント企業とのビジネスの幅を広げたい(制作会社)

「数字をベースにした論拠のある提案」につなげる事例 ※この記事は事実を元に一部内容を編集してお届けしています

アドエビスを導入いただいた背景

アドエビスを導入いただいた背景

某制作会社様では、メイン事業であるクライアント企業のWebサイトの改修・保守・運用だけでなく、新たにビジネスの幅を広げるため、制作から一歩踏み込んだ提案を行っていきたいと考えておりました。
しかし、クライアントから共有して貰えるデータは”PV・SU・UU”といった簡単なアクセス情報のみで、なかなか踏み込んだ提案ができない現状に悩んでおられました。

制作会社がデータを握る必要性

アドエビスを導入することで、これまで見ることのできなかったクライアントデータが可視化されました。
“PV・SU・UU”はもちろん、”クリエイティブのABテスト”や”コンテンツの読了率”といったデータを把握することにより
仮説の立案から企画・実施・検証まで、すべて「数字をベースにした論拠のある提案」ができるようになりました。

具体的な成功事例

某人材系サービス様の、特設コンテンツWebサイトにて、実際にターゲット層にリーチできているのか?どういったニーズを持っているのか?アドエビス(ユーザー分析・リサーチ連携)を使って分析を行いました。
結果、特設コンテンツを閲覧したユーザーの多くがターゲットである20/30代女性であること。転職活動を実際に行っているユーザーの割合まで把握することができました。
これにより、特設コンテンツが持つパフォーマンスを定量的に把握することでき、その後の「数字をベースにした論拠のある提案」に役立てていただくことができました。

今お読みいただいている活用事例を
まとめた事例集を一括でお送りします。

改善ノート|ケース・スタディが20種類
  • 広告費用を適切に配分したい
  • 複数の代理店を同一かつ、公正な指標で比較したい
  • リアルタイムにリスティング予算の消化状況が知りたい
  • Web広告と自然検索を合わせたアトリビューション分析がしたい
  • 見込み顧客化に効果があるコンテンツを選定したい

…などなど、20種類以上を収録!

TOPへ