1. TOP
  2. 目的ナビ

時間・曜日・日時・月次など「時間軸」ごとの獲得トレンドを知りたい

時間・曜日・日時・月次などの獲得トレンドを施策に反映させた事例 ※この記事は事実を元に一部内容を編集してお届けしています

アドエビスを導入いただいた背景

アドエビスを導入いただいた背景

Dさんの会社では「申し込みがあるとそのタイミングで特定の社内メールが届くシステム」となっているため、肌感覚では「この時間がピークだな」というのを理解していたのですが、それを数値化はできていなかったので「自社の商材の広告が最も触れられるタイミング」を見つけたいと思っていました。
そんな折、ADエビスの基本メニューの「期間別集計」がそれを解決できることを知りました。

DさんがADエビスを使って行った期間別集計

もともとADエビスのユーザーだったDさんは「期間別集計」のタブがあるのは知っていましたが、何に使って良いのかは良く分かっていませんでした。
しかし、色々触ってみたところ、指定した媒体やCVごと、もっといえばデバイスごとに、よくクリックされる時間・曜日などが数秒でグラフ化されて表示されるため「これは便利だ!」と気が付いたそうです。

その結果、何が起こったか?

Dさんがよくクリックされる時間帯とCVに寄与する時間を見つけ出した結果「ユーザーはこの時間にこういう行動をするからCVが増えるのではないだろうか?」と時間をベースにした仮説立案ができるようになりました。
そのほか、入札のタイミングを調整したり、時間を限定したコミュニケーション設計(SNSの投稿)を行うなど、様々な可能性に着手しているとのことです。時間・曜日・日時・月次の範囲で獲得のトレンドを知ることで、戦術の幅が広がりますね。

アドエビスを導入いただいた背景

今お読みいただいている活用事例を
まとめた事例集を一括でお送りします。

改善ノート|ケース・スタディが20種類
  • 広告費用を適切に配分したい
  • 複数の代理店を同一かつ、公正な指標で比較したい
  • リアルタイムにリスティング予算の消化状況が知りたい
  • Web広告と自然検索を合わせたアトリビューション分析がしたい
  • 見込み顧客化に効果があるコンテンツを選定したい

…などなど、20種類以上を収録!

TOPへ