1. TOP
  2. 目的ナビ

自社サイトに何歳くらいの、どんな人が来ているのかを知りたい

サイト来訪者の性年齢を把握してクリエイティブを改善した事例 ※この記事は事実を元に一部内容を編集してお届けしています

アドエビスを導入いただいた背景

アドエビスを導入いただいた背景

高齢者向けの商材を扱うMさんの会社では、Webサイトでのセールス促進も行っていましたが、実店舗のユーザーをもとにサイトを構築していたため、その内容は高齢者向けのものとなっていました。社内からも「高齢者はWebを使わないからイマイチなんじゃないか」といわれておりましたが、どうしても腑に落ちなかったMさんはADエビスを導入して、ユーザー属性の把握を行ってみることにしました。

MさんがADエビスを使って行ったことは、「ユーザー分析」の活用

MさんがADエビスを入れたきっかけは、あくまでも「自社商材の広告効果の改善」が主目的で、ユーザーの理解はオマケのようなものでした。
それでもADエビスの標準機能として「ユーザー分析」が掲載されていたので興味本位でクリックしてみたところ、驚くべき実態を目の当たりにしました。なんと、サイト来訪者の属性は想定した高齢者ではなく、その子供たちの現役世代だったのです。

その結果、何が起こったか?

「サイトの売り上げが芳しくないのは、サイトや広告のターゲットを間違えていたからだ!」気が付いたMさんは、早速サイトの構成や、クリエイティブの方向性をターゲット世代のものに置きなおし、「親に送るための」というメッセージを各所に配置しました。これにより、サイトのアクセス数、売り上げともに前年比で大きく伸ばすことができたそうです。ユーザーを把握することは、獲得の第一歩なんですね。

ユーザー属性を把握することで、売り上げを大きく伸ばすことができました。

今お読みいただいている活用事例を
まとめた事例集を一括でお送りします。

改善ノート|ケース・スタディが20種類
  • 広告費用を適切に配分したい
  • 複数の代理店を同一かつ、公正な指標で比較したい
  • リアルタイムにリスティング予算の消化状況が知りたい
  • Web広告と自然検索を合わせたアトリビューション分析がしたい
  • 見込み顧客化に効果があるコンテンツを選定したい

…などなど、20種類以上を収録!

TOPへ