1. TOP
  2. 目的ナビ

アトリビューション分析の成果配分モデルを最適化したい

自社の事業モデルに合わせて成果配分モデルを振り分けた事例 ※この記事は事実を元に一部内容を編集してお届けしています

アドエビスを導入いただいた背景

アドエビスを導入いただいた背景

Hさんの会社では、間接効果までを加味したWeb広告の運用を行っていますが、一般的なアトリビューション分析を提供するツールでは「アシストの件数」は見えていても、いわゆる「線形モデル」といわれる均等配分型であるところが「惜しい」と思っていました。この方法だと、たとえば「新製品をローンチしたときに初期接触とCVだけを評価したい」とした場合「10回の接触に対して、評価するのは最初と最後の1回とする」というような、細やかな設定ができず、手作業での集計が必要だったからです。しかし、そんなHさんの元に良い知らせが届きました。ADエビスで設定が簡単にできるようになったというのです。

HさんがADエビスを使って行ったのは「再配分CVモデル」の設定

元々ADエビスを自社で活用していたHさんは、さっそく管理画面から「再配分CVモデルの指定」を行いました。再配分CVの設定は様々な方法を指定する方法もありましたが、特にHさんが気に入ったのは「自分で、成果配分モデルを指定できる」というポイントでした。これにより「新規のブランディングの時は初期接触重視」や「最後のタッチポイントから初期に向けて減衰していく獲得重視のモデル」などを自在に自作できるようになりました。

アドエビスを導入いただいた背景

その結果、何が起こったか?

Hさんの会社では「キャンペーン時期は獲得重視をし、新製品ロンチのタイミングでは認知を取る」と言うように、同じWeb広告でも「時期・目的に応じた使い分け」をすることが多かったのですが、成果配分モデルを指定することで、これらの目的に応じた間接効果を管理画面上でパッと一目で管理できるようになりました。これによりKさんのレポート作成のための作業量が激減したほか、広告の最適化に要する時間も大幅に削減され、短期スパンでの広告の効果改善(PDCA)がこれまでより迅速に機能するようになったとのことです。「アシスト効果は、その会社の業態やマーケティングのフェーズに合わせて配分されてこそ真の効果を発揮する」ということですね。

今お読みいただいている活用事例を
まとめた事例集を一括でお送りします。

改善ノート|ケース・スタディが20種類
  • 広告費用を適切に配分したい
  • 複数の代理店を同一かつ、公正な指標で比較したい
  • リアルタイムにリスティング予算の消化状況が知りたい
  • Web広告と自然検索を合わせたアトリビューション分析がしたい
  • 見込み顧客化に効果があるコンテンツを選定したい

…などなど、20種類以上を収録!

TOPへ