新機能「アクション喚起率分析」搭載・カスタマージャーニー分析

新機能「アクション喚起率分析」搭載・カスタマージャーニー分析

新画面公開!!

“見込み顧客”を早期発見できる3指標を新たに搭載!

ご利用イメージご利用イメージ
ご利用イメージご利用イメージ

ブランディングや、認知を目的としたマーケティング施策において、定量的な指標での評価が行えます。
例えば、動画広告を視聴した「ユニークユーザー数」はもちろん、初めて接触した「新規ユーザー数」や、動画視聴後にサイトへ再来訪したユーザー「アクション喚起数」といった指標を、媒体単位でレポーティングすることが可能です。

活用事例

今回の新機能により、自社の管理画面から早いタイミングでのPDCA着手が可能に!

クリエイティブ軸で見ると…

媒体軸で見ると…

シナリオ再設計

早期に傾向値がつかめるため、キャンペーン期間中の早いタイミングで、各種施策への予算アロケーションを行うなど、起動的な対応が可能となります。

さらに、「媒体軸」で「どの媒体が、新規率が高かったのか?」を可視化できるのみならず、クリエイティブごとの新規率も可視化できるので、様々なレイヤーでPDCAサイクルを実現することが可能です。(別途設定が必要)