1. TOP
  2. 機能紹介
  3. LOGエビス

LOGエビス

広告経由の流入からサイト内の導線までを一貫して分析することができるため、ユーザーの離脱理由を検証し、より最適な施策が検討できます。

ユーザーの動線を一貫分析

広告に特化したログ解析ができるため、正確な効果とサイト内でのユーザの行動を確認することができます。 ADエビスやLPOエビスと連携すると、広告指標が増え、より深くデータを分析できます。

  • 流入元と紐づけて、導線を解析できる
  • PV単位でのユーザー個別追跡ができる
  • ページの滞在時間や直帰率を分析できる
ユーザーの動線を一貫分析/広告施策に対する正確な効果とサイト内でのユーザの行動を確認することができます。 ADエビスやLPOエビスと連携すると、広告指標が増え、より深くデータを分析できます。

スマホ・タブレットデバイス分析

PC、スマートフォン、タブレット、モバイル毎の計測数値を一覧で表示できるため、どのデバイスからどれだけのアクセスがあり、どれだけのコンバージョンに至っているかを確認することができます。
また、キャリアやOSにまで落とし込んで確認する事も可能。より詳細に分析することができます。

スマホ・タブレットデバイス分析/PC、スマートフォン、タブレット、モバイル毎の計測数値を一覧で表示。これにより、どのデバイスからどれだけのアクセスがあり、どれだけのコンバージョンに至っているかを、確認することができます。また、キャリアやOSにまで落とし込んで確認する事も可能。より詳細に分析することができます。

経路分析

「流入経路」×「始点ページ」×「終点ページ」の3つの指定を、組み合わせによる条件指定して、サイト内での導線分析が可能になります。
これにより、広告と紐付けた柔軟なサイト内導線分析を行うことができ、より高い収益性を目指したサイト構築、広告出稿に結びつけることができます。

経路分析/「流入経路」×「始点ページ」×「終点ページ」の3つの指定を、組み合わせによる条件指定して、サイト内での導線分析が可能になります。これにより、広告と紐付けた柔軟なサイト内導線分析を行うことができ、より高い収益性を目指したサイト構築、広告出稿に結びつけることができます。

広告指標をより深く評価

ブランドの認知やイメージ向上を目的とした広告の効果指標として、滞在時間・閲覧ページ数・直帰率を効果指標として使用します。
LOGエビスを利用すると、広告メニュー別の滞在時間・閲覧ページ数・直帰率の計測ができるため、ブランディング広告効果の評価指標として捉えることができます。

広告指標をより深く評価/ブランドの認知やイメージ向上を目的とした広告の効果指標として、滞在時間・閲覧ページ数・直帰率を効果指標として使用します。LOGエビスを利用すると、広告メニュー別の滞在時間・閲覧ページ数・直帰率の計測ができるため、ブランディング広告効果の評価指標として捉えることができます。
TOPへ

マーケティング情報をお届け!

購読された場合、「個人情報の取り扱いについて」に同意したものとみなします。