1. TOP
  2. 機能紹介

ADエビス

バナー広告やメルマガなどの、ネット広告の効果を測定。複数コンバージョン指定など様々な指標設定ができ、アトリビューション分析など的確な広告効果分析が可能です。

【成績アップ完全保証!!】売れるネット広告社と協業サービス開始!最強のバナー広告を作成します。詳しくはこちら。お問い合わせ

10/11 Ver.up

新指標「TCPA」「再配分CV」を管理画面上に搭載!広告のアトリビューション評価をリアルタイムに可視化。

「概況」「直接効果」に表示されます!

ADエビスの強み

  • 精度の高いコンバージョン計測

    精度の高い
    コンバージョン計測が可能

    より精度の高い測定が可能。
    リアルタイムに成果を把握できます。

    詳細へ

  • アトリビューションを加味した広告評価

    アトリビューションを加味した広告評価が可能

    刈り取りだけでなく、認知に強いアトリビューション広告も測定できます。

    詳細へ

  • コンバージョンの質を見極める

    コンバージョンの質を
    見極めることが可能

    広告成果とユーザー情報を紐付け、コンバージョンの「質」を見極められます。

    詳細へ

より精度の高い測定が可能。リアルタイムに成果を把握できます。

導入実績7,000件を超えるシェアNo.1※1の広告効果測定アドエビス

どの広告が何回クリックされ、何件成果に至ったかを測定可能。一元管理することで、同じ指標・タイミングで広告施策を確認することができます。

  • 標準で150万件※2の広告媒体を登録可能
  • コンバージョンポイント登録は20個※2まで対応
  • リアルタイムに結果がわかるから素早い意思決定が可能

※1…株式会社シード・プランニングによる「広告効果測定ツール市場調査」調べ
※2…広告媒体やコンバージョンポイントはオプションで増やすことができます。

直接効果測定/どの広告が何回クリックされて、何件成果に至ったかを測定します。 一元管理することで、同じ指標・同じタイミングで広告施策の確認ができます。

刈り取りだけでなく、認知に強いアトリビューション広告も測定できます。

アトリビューション分析

管理画面からアトリビューション(間接効果)・直接効果をリアルタイムに把握。

成果地点に至る直前にクリックされた広告よりも以前にクリックされた広告が測定可能。刈り取りではなく、認知に強い広告を把握し、アトリビューション分析を行うことができます。

アトリビューション分析/成果地点(コンバージョン)に至る直前にクリックされた広告よりも、以前にクリックされていた広告を測定できます。これにより、刈り取りではなく認知に強い広告が分かります。

広告成果とユーザー情報を紐付け、コンバージョンの「質」を見極められます。

コンバージョン属性

コンバージョンしたユーザーの属性により、広告効果を「質」で判断。本来の成果である実際の売り上げ金額や、資料請求の後で本契約に至った数と、広告効果を紐づけることができます。

「購入金額」でコンバージョンの「質」を比較し、効果の高い広告の正確な判断を行うことが可能です

デバイス別分析機能

デバイス別広告効果の把握が可能に

出稿した広告における、媒体・デバイス別のクリック率やコンバージョンの違いを一目で確認できるため、媒体×デバイスのどの組み合わせが有効だったかを判断し、広告出稿の改善が見込めます。

Eコマースサイトの場合は、売上金額における費用対効果もデバイス別に評価が行え、利益率向上に貢献します。

デバイス別の成果をひとめで確認!切り替え簡単!

デバイス毎にユーザー行動の変化を把握できる

コンバージョンした時間をデバイス別に比較することができます。例えば昼間はスマホユーザーが多く、夜はPCユーザーが多いなどの傾向が把握でき、時間帯別、デバイス別で最適な広告配信を行うことが可能です。

デバイス毎の効果が高い時間帯が把握できるので、適切な広告出稿ができる

オプションリスティング連携

各媒体画面のリンク先URLを、ボタンひとつでアドエビスの入稿用URLに自動変換でき、媒体管理画面の情報を毎日自動取得し、アドエビスで確認できます。

  • ボタン1つで自動変換できるからCSV作業が不要
  • ページの振り分けや計測が簡単だからデバイス別に計測可能
  • 広告の表示回数や広告コストが自動取得できるから広告評価の重要指標がすぐ確認可能
リスティング連携/各媒体管理画面のリンク先URLを、ボタンひとつでアドエビスの入稿用URLに自動変換でき、媒体管理画面の情報を毎日自動取得し、アドエビスで確認できます。

コンバージョンしたユーザーの「直接効果、間接効果、初回接触」それぞれのクリック日時・回数がひと目でわかるようになりました!

  • コンバージョンしたユーザーのクリックした広告が成果に紐づいた日時(直接・間接・初回)をひと目で確認することができます。
  • どのクリックがどのタイミングの成果に貢献したのか、成果に紐づいたクリック数(直接・間接・初回)のみを期間別※で絞り込み、ひと目で把握することができます。

※日別・月別・曜日別・時間帯別

成果に貢献した流入回数を期間別に把握できるため、広告運用の改善に役立てることが可能です。

10/11 Ver.up

新指標「TCPA(※)」「再配分CV」を管理画面上に搭載!広告のアトリビューション評価をリアルタイムに可視化。

広告のアトリビューションも加味した顧客獲得単価の指標として、「TCPA」を管理画面に追加しました。

獲得した1件の成果を、接触した全広告で再配分し、かかったコストを再配分した件数で割って算出し、再配分した成果の件数を「再配分CV」で確認する事がリアルタイムで可能になります。

ラストクリックだけではなく、それ以前に接触しているアシスト広告の効果も加味した指標で判断できるため、広告の効果をより正しく評価した上で、効率的な広告投資が行えます。

※TCPA(Total Cost Per Action)…2010年にロックオンで開発した、広告のアトリビューションも加味した顧客獲得単価の指標。2015年9月18日付で特許庁より登録商標として正式に認可済。

TOPへ
AD EBiS Mail News

みなさまのマーケティング業務に役立つノウハウや情報を無料でお送りします。

※ご登録いただいた方は、「個人情報の取り扱いについて」に同意したものとみなします。

TOPへ