アドエビスの新サービス[カスタマージャーニー分析機能]

ユーザー行動を可視化し、複数の指標から施策の成果を簡単に比較可能なアドエビスの新サービス「カスタマージャーニー分析機能」をご紹介します。

お問い合わせ
電話:03-3289-5054(受付時間 平日10:00-18:00)

潜在層向けマーケティングの成果、
きちんと追えていますか?

動画とコンテンツマーケ施策に力を入れたいけど…これらの施策の価値をどこで測ればいいか悩んでいませんか? 動画広告ってやっぱり効果が悪い…それって、刈り取り型の施策と同じ指標で比較してませんか?

潜在層向けマーケティングは、刈り取りではなく「ひとつひとつ積み重ねて育て上げる」
…つまりフローで評価しないと正確な成果は追えません。

今までの施策評価

最後の広告のみを「CPA」で評価
→この動画施策は、CPAが悪い
結果:許容CPAに遠く及ばず、あえなく施策は停止

今までの施策評価では、動画広告、コンテンツマーケティングといった潜在層向けマーケティングも、評価指標はいまだ「刈り取り型」と同指標のCPAで効果を測っているため、効果が悪く見えてしまうのは当然です。

これからの施策評価

これからの施策評価はカスタマージャーニー分析で

カスタマージャーニー分析で
正しい評価。

「カスタマージャーニー分析機能」なら、何万通りもあるフローを全て分析する必要なく、潜在層向けマーケティング施策を適切に評価できます。

潜在層向け施策は「フロー」で評価
動画接触ユーザーは、未接触ユーザーの2倍のCVRがあり、平均売上単価も500円高かった→動画接触によりサービスの理解を促進していることがわかり、施策も継続

カスタマージャーニー分析機能を使えば、潜在層向けマーケティング施策に接触したユーザーが、接触しなかったユーザーと比べてどのくらい変化があったのか、 施策をフローで評価し、成果を明らかにすることが可能です。

お問い合わせ
電話:03-3289-5054(受付時間 平日10:00-18:00)

操作も簡単!3stepで分析完了

STEP1
STEP2
STEP3

アドエビスの「カスタマージャーニー分析機能」は、直感的なUIで、わずか3stepで分析が完了します。 新規施策がある時とない時を比べ、どの指標がどのように変化するかが一目瞭然です。

お問い合わせ
電話:03-3289-5054(受付時間 平日10:00-18:00)
TOPへ