1. TOP
  2. 導入事例

株式会社ツヴァイ様

  • AD
  • SEO
  • ViewThru

株式会社ツヴァイ様

http://www.zwei.com/

営業企画部竹内 良様

株式会社ツヴァイ様はイオングループの結婚相談所として、業界で初めて東京証券所に上場されました。この度、ビュースルーエビスを導入することで、広告評価を正しく分析し、効果をさらに高めた広告運用を実現されました。

ビュースルーデータの真の評価方法とは

ビュースルーエビス導入を決めた背景とは

まずは、これまでの広告運用方法と特に課題に思われていたことを教えてください。

今までの運用では特に、直接効果をメインにクリックスルーの評価を参考にしながら施策を行っていました。
しかし、それだけでは正しい効果測定ができていないのではないかという話になりました。一般的にですが、リスティングと純広告を比較するとやはりリスティングの方がCVも多くCPAがよいという結果になりますよね。
そんな中、弊社もクリックスルーベースの直接効果しか評価していないとなると、リスティングの運用だけに偏り施策も頭打ちになってしまうのではないかと、非常に危機感をおぼえていました。

そんな時に見つけたのがビュースルーエビスだったということですね?

そうです!このクリックスルー評価の状況から脱却しようとまず第一に考えたのが、純広告のビュースルー評価をしようということでした。
しっかりとした数値的な根拠を見ながら純広告を実施し、効果の高い運用をしたい。そう強く思っていました。
そんな中で見つけたのが、ビュースルーエビスでした。ディスプレイ広告のインプレッション、自然検索を含めたアトリビューション分析が可能ということで、まさにピッタリなツールでした。

ビュースルーエビス導入後の効用

ビュースルーエビスを導入して、また弊社のレポートを受けてみて、どのような発見がありましたか?

ディスプレイ広告のアシスト効果が見られるようになったのが良かったですね。
今まで一面的にしか見ることができなかった広告の評価が多面的に見られるようになり、一番知りたかった純広告に関してもしっかり評価できるようになりました。また、アドエビスのレポートサービスでも多くの気付きがありましたね。

・媒体ごとの効果の違い
・媒体を横断した広告評価
・曜日や時間によるユーザーの行動の違い
・ビュースルーサーチ(純粋想起)

特に印象に残っているのは、日別アクセスのレポートですね。
当初想定していた曜日別のユーザー行動と頂いたレポート結果がまるで違っていました。今までは直接効果しか見ていませんでしたから、ユーザーが情報収集する日とコンバージョンする日が同じだと思っていたんです。でもそれが違った。
情報収集する曜日とコンバージョンする曜日というのが異なる場合があるということがレポートから分かったんです。

おかげで、今ではどの曜日に広告を出せばいいか分かるようになって、とても効率が上がったと思います。
上記に加えて、もともとツヴァイの事を認知している方、していない方に対する対策や、女性、男性への対策まで検討できるようになりました。具体例を挙げると、女性は検索をして慎重に検討するのに対して、男性はインパクトのあるバナーに惹かれるなど、とても直感的です。

今後の展開について

ビュースルーエビスがお役に立てているようで良かったです!
最後に、今後のビュースルーエビスの活用や広告の運用について考えておられることがありましたら教えていただけますでしょうか。

そうですね。今回、ビュースルーエビスを導入して、多面的な数値の裏付けが取れるようになったのは本当に良い成果だと思っています。
逆に、数字ばかりにおどらされてはいけないとも感じています。
我々の事業である結婚相手紹介サービスという業態は、ともすればネガティブなイメージを持たれかねない業態です。ディスプレイ広告もどちらかと言うと過激な表現の方がヒットする傾向にもあります。
しかし、我々はイオングループの一員として、ブランドを守らないといけない立場にあります。

仮に数字だけを追ってしまうと、そのブランドを損ねてしまう可能性が大いにあり、そのブランドイメージを保ちながら、それでいて競合に負けないような効果の高い広告をいかに出していくか、ということがとても重要なのです。
今後はアドエビスを使った正確なデータ分析結果を踏まえ、より効果的な広告運用に力を入れてゆきます。

心強いお言葉、ありがとうございます。
我々マーケティングアドバイザーとしても、しっかりサポートさせていただきます。
それでは、本日は、お忙しい中、本当にありがとうございました!

TOPへ

マーケティング情報をお届け!

購読された場合、「個人情報の取り扱いについて」に同意したものとみなします。