1. TOP
  2. 導入事例

エスアールジータカミヤ株式会社様

  • AD
  • THREe

エスアールジータカミヤ株式会社様

https://www.srg.jp/ja/index.html

情報システム室
システム開発課 課長中川 幸彦様

ホリー営業部
通販課 チームリーダー竹内 久記様

エスアールジータカミヤ株式会社様は足場などの建設用仮設機材を販売・レンタルする会社です。生活基盤であるビル・道路・橋・プラントなどのインフラ整備に欠かせない「建設用仮設機材」を全国へ供給する、業界で唯一の製造・販売・レンタル・設計・施工までの一貫体制を整える会社です。グループの強みを活かしながら、建築・土木工事向け商品のほか、農業用ハウスや防災スポーツ施設の総合提案、アジアへのグローバル展開など、さらに上を見据えた事業を展開しています。

広告のインハウス運用実現にあたり、
アドエビスとTHREeを選んだ理由

「アドエビス」導入のきっかけは「自社運用」

アドエビスを導入いただいた背景をお聞かせください。

エスアールジータカミヤ株式会社様との対談

ガラケー時代にモバイルの広告効果分析ツールとしてアドエビスを導入していたのがきっかけです。当時の広告代理店から紹介されて導入し、使わせていただいていました。
サイト運用自体は代理店にお任せしていたので直接管理画面を操作することは多くなかったですが、実は結構昔から利用させていただいています。

今回新たにTHREeを利用いただいた背景をお聞かせください。

元々は、仮設マーケット以前にやっていた釣具の通販サイト運用を、広告代理店にお願いしていたんです。リスティング運用をすることによって売上は伸びていたので、インターネット広告の重要性は充分に分かっていました。

そのような経験を経て、2014年に仮設マーケットを立ち上げた際にも、インターネット広告の予算を組んで、広告代理店に運用をお願いする予定だったのですが、予算の規模があまり大きくなかったため「お任せするのが難しい」となりまして…。であれば、今後のためにも自社で運用する必要があると考え、サービスを検討していたときにTHREeに出会いました。
もう少し詳しく言うと、広告代理店の担当者に「自社で運用できるだろうか?」と質問したら、「こういったツールがありますよ」と教えてくれて、それを元に探したらTHREeに行き着いたんです。

ただ、自社運用の課題としては「専任で人を割けない」という人員的リソースの課題があります。単純に時間も労力もかかりますし、今の時代リスティング運用の手法も流動的に変化していっているので、そのような状況下で自社運用しても、すぐに限界が来ることは簡単に予想できます。でもTHREeならば、システムを使うことでその課題を解消しつつ、成果を上げながら自社にノウハウを蓄積することができるのではないか?と考え、導入に至りました。
また「アドエビス」を使っていたこともあり、「THREe」との連携に期待していた点もあります。

「THREe」の良さについて

THREeを導入されていかがでしたか?

最初はただ単にシステムを利用する感覚だったので、サポートについては全く期待していなかったのですが、有人サポートが非常に手厚いです。本当によく連絡してくださるので、これは嬉しい誤算でした。
私が「あ、忘れてた!」と思ったこともリマインドしてくれますし、質問したらすぐ回答をいただける。決してロボットではない、明らかな人の存在があることで、私も安心感を感じますし、良い意味でお尻を叩かれる感覚もあります(笑)非常にやりやすくて助かっています。導入に際して困ったことは、なかったですね。

実際にTHREeをご利用になられていかがでしたか?

THREeを使い始めて来訪ユーザー数は、導入前に比べて1.5倍になり、コンバージョンもしっかりと上がるようになってきました。具体的な運用方法としては、Googleアナリティクスから過去に販売された商品名を抜き出して入稿していきました。 全商品登録するのではなく、過去に販売実績がある商品だけに絞って運用することで、コンバージョンへの確度が高くなり、効率よく運用することができています。

販売実績のある商品だけに絞って運用

リスティングの基本的な部分から、こういった応用部分まで手の届いた運用ができるのは、非常に助かっています。広告グループの構成も、サポート担当の方からアドバイスいただきました。目標数値・KPIをサポート担当の方とすり合わせて、上位表示させたいキーワード予算を見ながらチューニングしていただいています。

今はサポート担当の方からノウハウを教えてもらっている状況ですが、4月から人が増える予定なので、その人がノウハウを蓄積できるようになっていけば、本当にやりたいことが実現していけると思っています。

今後のアドエビス・THREeへの期待

アドエビス・THREeを今後活用していくにあたり、いかがでしょうか?

CVした検索語句をキーワード追加!
AD EBiSとTHREeとのデータ連携

最初は、ほとんどCV実績がない状態で運用を開始しましたが、CVした検索語句をキーワード追加して蓄積していくことで、CV実績のあるキーワードの割合が多くなってきています。
THREeを使えば、CVした検索語句を完全一致・フレーズ一致・絞込部分一致で、キーワード自動追加できるので、CV実績に基いてリーチする検索語句を拡張できるのがいいですね。今後さらに投資対効率の高いアカウントへ育成していきたいと思います。
他にもアドエビスとの連携には興味があります。例えば「足場 中古 買取」といった競合の多いキーワードは、一見CPAが悪いように思えます。

しかし、アドエビスで行えるアシスト効果を加味したアトリビューション評価ができる「Total CPA」で分析すると、一定のアシスト効果があり、非常に投資対効果が高いことが分かりました。(TCPAの詳細はこちら
さらにTHREeでは、アドエビスで分析した間接効果を加味してポートフォリオやルールで自動入札できるので、今後はこういった点も自動化の設定に取り組んでいきたいと考えています。

アドエビス・THREeの運用を、本来は自分で考えなくてはならないところを、こうして専門の方に提案をもらって、一緒に考えてシステムの設定に落とし込んでもらえるところは非常に助かっています。「今の時代に遅れていない」という安心感もあります。
トレンドも自分だけでやっているとわからないものの、御社が持っているいろんなノウハウを、弊社の事業規模に合わせて提案してくださるところはありがたい話です。私たちも自社にノウハウを蓄積したいと考えています。

本日は、ありがとうございました!

TOPへ

マーケティング情報をお届け!

購読された場合、「個人情報の取り扱いについて」に同意したものとみなします。