1. TOP
  2. 導入事例

パーソルキャリア株式会社様

  • AD EBiS API

パーソルキャリア株式会社様

https://www.persol-career.co.jp/

キャリアディビジョン
マーケティング企画統括部榊原 善人様

パーソルキャリア株式会社様は2006年のご利用開始から今日まで長年に渡りご愛顧頂いています。今回は、アドエビスAPIによる業務効率化、マーケティングオートメーションへの展望についてお話を伺ってきました。

API活用による業務効率化と、
独自のマーケティングオートメーションの実現へ

広告の効果測定をする上での課題

広告の効果測定をする上で、御社の課題はどのようなところでしょうか?

転職を支援するサービスとして、どのような方がどの広告からDODAに来訪され、各サービスに登録、求人に応募されたかをしっかりと可視化することが、広告を最適化する上で大きな課題と感じています。不適切なコミュニケーションを行ってしまうことがないように、単純に1コンバージョンとして捉えるのではなく、それぞれの転職希望者様の状況や属性を正しく把握することが求められます。
これはアドエビス導入当初から変わらず意識しています。

お忙しい中、今回のインタビューにご対応いただきました。 左から:榊原様、金近様、大谷様、清田様、野村様

単純には、判断できないということですね。では実際にはどのように評価しているのでしょうか?

登録や応募などをきっかけとしたサービスの入り口だけを評価するのではなく、CRMの観点から、その後のサービス利用を想定した長期的な視点で評価を行うようにしています。

ただ、これまで、そのような評価・分析を行うには、各コンバージョンのCRMデータとの紐付けをほぼアナログで行う必要があり、分析よりもデータを加工する作業に時間がかかっていました。そのため、データの旬が過ぎてしまい、評価・分析はリアルタイム性に欠け、十分に活かしきれないという課題がありました。

課題を解決するために導入したAPI

リアルタイム性の追求のために、まず何を行われたのでしょうか?

集計のオートメーションです。その中でアドエビスについてはAPIを使おう、という判断になりました。 APIを使えば、管理画面にログインしなくても数字を取得できますし、なによりアナログな作業をせずともアドエビスのデータとCRMデータを紐付けたデータが、毎朝出社して直ぐに確認できるようになります。

今までアドエビスで計測したデータやCRMデータなどが分散してしまっていたのですが、それらを自動で紐付けて分析できる環境を作ることに取り組みはじめました。

現状はどのように実施しているのでしょうか?

アドエビス コンサルタント 足立

アドエビスのコンバージョン属性のデータと、CRMデータを紐づけています。アナログな方法すぎますが、手作業です…。

アドエビスはコンバージョンに対して変数を取得できるので、その機能を使って様々な情報をコンバージョンに紐付けています。ただ、それらをアドエビス上だけでは活かせていないので、ローカルに落としてガリガリ手作業で加工しています。

手作業は、どれくらいの頻度で行われているのでしょうか?

頻度は最低でも週に1回、時期によっては毎日行っています。もちろん、すごく時間が掛かります。
1回につき最低2時間なので、月8時間~40時間を必要としています。
これをどうやって時間短縮するか考えたのですが、出た結論は手動でやる限りは「集中するしかない」です…。
熟練技術ってやつですね。

今後、APIを導入して解決されること

月40時間がどれくらい削減されますか?

APIの導入で丸々この作業がなくなりますね。
あとは、目標の達成率は絶対に把握したいので、前日分のデータを翌朝メールで送信するようにしているのと、さらに一部のデータは外部のお取引先会社含め一斉にメールで共有するようにしています。

今後は、閾値を設けておいて、一定未満であれば自動的にアラートがメールで送られる仕組みにしたいと考えています。

APIを利用して、アドエビスのデータとCRMデータを紐付けてほぼリアルタイムで見られるようになると、スピード感はかなり違いますね。
やはり、データを活用する上で、IT領域に強い人間、分析に強い人間と、そして企画サイドの人間が数値を見て、どうやって施策を行うかを考える体制がないと、データドリブンは進められないな、と思いましたね。

より効率的に施策のサイクルを回すには、社内体制が課題になったわけですね。

はい。現在は社内体制を強化して、主にデータ分析を行うグループを作るまでになりました。マーケティングサイドが「こんなシステムが欲しい」という要望を、開発サイドがシステム化する、このサイクルで、いかにオートメーションするのかに挑戦しています。
マーケティングオートメーションが昨今話題になっていますよね。弊社の場合、今まではマーケターが色んな情報を持ってきて、過去の経験を元に道筋を出していたわけです。一方で、それだけだと情報量・分析の質に限界が出ると思います。このレベルをいかに上げるかがチームの課題でした。

アドエビスのAPIを使い、サードパーティデータも使う、さらにエンジニアが入ることによって促進させる、改善のサイクルを早く回す。トライ&エラーでとにかく前に進めることで、自社製マーケティングオートメーションが実現していると思っています。

実際にアドエビスAPIをご利用いただいていかがでしたか?

すごく使いやすいですね。
取りたいデータがスムーズに取れるので、制約が少ない印象です。よくあるのが、「何回までしかリクエストできません」。データを取ろうとしても「レポートを取るときはこのような使い方にしてください」、とか制約があって断念してしまうことがあるんです。

海外のツールの場合に多いのが、サポートは海外だったり、問合せると一次回答が英語だったり、日本のマーケティングの現場で全て賄いきれないことも悩みだったりします。アドエビスは、日本にサポートの方がいるので物凄く助かっています。

引き続きしっかりサポートさせて頂きます!
最後に、これからチャレンジしたいと思っていることはございますか?

APIを利用したダッシュボードを自社で作成して、未来予測まで挑戦したいですね。今は「結果がこうでした」、というレポートなんです。それよりも未来予測をして、「だからこういう施策をするべきだよね」というアプローチをしていきたいです。

直近で言うと、いろいろなデータが社内にあるのですが、整備もされていないデータ、ばらばらのフォーマットで管理されているデータを全て集めて、良い結果になるための改善施策を実施できるよう、オートメーションに注力しようと思っています。

そのためにも、全てを紐付けるキーを持つデータは何より重要だし、その一部をアドエビスで管理しているわけですから、APIはもっともっと使いやすくしてほしいです!

頑張ります(笑)本日は、お忙しいところ、ありがとうございました。

TOPへ

マーケティング情報をお届け!

購読された場合、「個人情報の取り扱いについて」に同意したものとみなします。