1. TOP
  2. 導入事例

小林製薬株式会社様

  • エビスレポーティングサービス

小林製薬株式会社様

https://www2.kobayashi.co.jp/

通販事業部 通販マーケティング部
WEB担当福井 貴啓様

今までは新聞をメインに、通販事業広告を打たれてきた小林製薬株式会社様。近年、Web広告にシフトしていく中での課題は「マス媒体広告がCVにどれほどの影響を与えているのか?」具体的な可視化を実現するために選んだのは「エビスレポーティングサービス」でした。

Webからリアル。新しい流れの発見
~マスとデジタルの壁をなくしたクロスチャネル分析からの気付き~

エビスレポーティングサービスに興味を持ったきっかけ

この度はエビスレポーティングサービスをお申込みいただき、誠にありがとうございます。まず早速ですが、エビスレポーティングサービスに興味を持っていただいたきっかけを教えてください。

元々、弊社の通販事業の広告は、マスとしての新聞がメインでした。現在は、獲得効率を重視したオンライン、つまりWeb広告に広告予算をシフトしている最中なのですが、単純に媒体だけで判断するとCPR(コスト量と申込件数)はWebの方が圧倒的に良いわけです。その結果、Web広告に予算を寄せすぎてしまい、トータルでむしろ成果が悪化したという形になってしまいました。 また、マス広告がWebに影響を与えていることは感覚としては分かっていましたが、具体的にどれくらい影響があるのか、その可視化も常々課題となっていました。
そんなとき、これらを解決出来る手法をいろいろと調べている中で、アドエビスのサービスである「エビスレポーティングサービス」というものがあると知り、一回話を聞いてみようということになったわけです。そもそも、アドエビスというツールは業界でもトップだと思いますし、そのアドエビスがやっているサービスという信頼感もあり、当初目に留まったというのも大きかったですね。

元々信頼していただいていたんですね。ありがとうございます!マスとWebとで広告施策を行う中で、特に課題と思われていたのはどういったことだったのでしょうか?

特にマス広告の効果に関してなんですが、社内での調査手法が確立しておらず、評価する手段が単純なCPRでしかなかったことが課題でした。これまでもマス広告の効果を定量的に把握して最適な投下量を算出したかったので、見えていなかった効果というものをちゃんと検証すべきだとは考えていました。なんとなく良い、だから広告費を投下します、だといつまでたってもしっくりこないし効率的な投資にならないですから。

エビスレポーティングサービスに期待した価値

そんな中でのエビスレポーティングサービスだったわけですね。それでは、具体的にエビスレポーティングサービスに期待した一番の価値というのはどういったところだったのでしょうか?

左:アドエビス コンサルタント 馬渕
右:マーケティングメトリックス研究所 所長 松本

マス広告の波及効果や因果関係を見ながら、最適な予算配分まで出していただけるというところですね。社内や他のリサーチ会社の調査でも影響度あたりまでは見えるかもしれないのですが、そこから最適な予算配分を出すというのは、その調査結果データを元に我々で出さないといけない、もしくは広告代理店にお願いしながら検討していかないといけないと考えていました。おそらく、現状はどこもそんな感じだと思います。ですが、その因果関係の結果を元に最適な予算配分まで出していただけるというのはこのサービスの大きな価値だと思いますし、実際その期待値は非常に大きかったですね。

エビスレポーティングサービスの分析結果から得た新たな気付き

実際にエビスレポーティングサービスの分析結果をご覧になって、得られた気付きはありましたでしょうか?

まず、ある意味想定通りなところもあってやっぱりマスの影響はあったよね、と。ただ、まずその想定がその通りだったと改めて分かるということも収穫だったと思います。次に、マス広告の影響度が数字ベースや、細かな媒体別に分かりました。その中の気付きとしては、今回、新聞各紙別の影響度が分かったのですが、そもそもその新聞各紙によって影響度が違うというのは驚きでした。正直、そこまで違うのかと思いましたね(笑)。地方紙と全国紙でも違っていたり、本当に色々な気付きがありました。

なるほど。いろいろ気付きがあったということで、分析した側としてはそう言っていただけると嬉しいです!その他これは想定外だった、といったことはございましたか?

そうですね。マス広告からWebへの影響があるということ自体は想定内だったわけですが、実はその逆パターン、つまりWeb広告からリアルへの影響があったという結果には驚きました。この逆の流れは正直想定していなかったので、そこはやってみて初めての気付きでしたね。
それと、マス広告の影響がWebに波及しているのは想定内と言いましたが、実は思っていたよりも影響があったということも分かりました。これもある意味想定外といったところでしょうか。
今回、影響力の強さ、そして新しい影響力の発見と、とても気付きは多かったですね。

エビスレポーティングサービスの費用感

率直に伺いたいのですが、エビスレポーティングサービスの費用感というのはいかがでしたでしょうか?

率直に(笑)。でも、正直安かったかなと思っています。自社や他のリサーチ社を使った調査ベースであれば3倍、4倍は料金がかかってくると思っていましたので、そう言う意味では非常に安価に出来たなという印象です。難しいのは、そういった調査にどこまでコストがかけられるか、というところなのですが実際はなかなかかけられないわけです。ですが、今回は費用感でいくとちょうどコストを捻出出来る範囲だったので非常に助かりました。特に我々(通販事業部)の事業は、基本通販ですから、効率重視の姿勢がどうしても強くなります。そこまで投資コストをかけてそれ以上の改善効果はあるのか、という話になるわけですね。それを考えても今回のエビスレポーティングサービスでは、かけたコスト以上に改善効果があると考えていますので、そう思うと本当にお願いしやすい価格帯かなと思います。

エビスレポーティングサービスをご検討の方に一言

エビスレポーティングサービスですが、お受けになった感想としてどんな方にこのサービスは当てはまりそうだとお感じになりましたか?

我々のようにTVCMだけではなく、新聞やチラシ広告を特に多く出稿されているような健康食品やスキンケア通販の会社さんはいいと思いますね。この業界では新規獲得の効率化について、どこも課題をお持ちだと思いますし。あとは、Web広告をやっていきたいと思いながらも、マス広告の圧倒的な分かり易さに比べて、なかなか予算を投下出来ないなどお悩みを持たれているご担当者様にはお勧めだと思います。
また、今回Web広告からリアルの購買に対する影響が分析結果から見られたわけですが、従来のマス広告に予算が寄っている会社さん、これは沢山いらっしゃると思います。こういった方々はエビスレポーティングサービスで一度分析をお願いされてはどうかと思います。
今回、弊社での分析目的は出発地点が逆だったので表現しにくいのですが、Web広告からリアルへの影響度も実際にあったわけで、そこは意外と言うか想定していなかった発見でした。
まあ、出来るだけ競合の企業さんは使われない方が、希望としては(笑)。

エビスレポーティングサービスサービスの満足度

最後に、エビスレポーティングサービスのサービスですが、ご満足いただけましたでしょうか?

概ね満足しています。ただ、満足しているところと、実はもう少し出来たのではないかと思うところがあります。もう少し出来たと思っているところというのは、我々からデータをお出しするそのデータの種類とか質、そういった面です。もちろん、どれだけこの調査にコストをかけるかにもよります。
今回は新聞各社の発行部数ベースで分析をご依頼したわけですが、例えば新聞広告の枠の大きさやクリエイティブ等、それらを複合した形でデータをお出し出来ていればそれらの影響度も見られたのではないかと。今回、分析レポート結果を見てみて、これならもっとデータを用意してより深く分析をお願い出来ていればよかったなという欲がでてしまいました(笑)。そういう意味で、もう少し出来たかなと思っています。ただ、我々自身もそういったデータを取得したり等、まだまだお願い出来るような準備も出来ていませんので、今回の分析に関して現段階においては満足していますし、分析内容も今後十分活用出来ると思っています。でも、やはり次回は我々もしっかり準備をして是非もっと深い分析をお願いしたいですね。

本日は、お忙しいところ、ありがとうございました。

TOPへ
AD EBiS Mail News

みなさまのマーケティング業務に役立つノウハウや情報を無料でお送りします。

※ご登録いただいた方は、「個人情報の取り扱いについて」に同意したものとみなします。

TOPへ