1. TOP
  2. 導入事例

株式会社Dai様

  • AD

株式会社Dai様

https://fc.dai.co.jp/

フランチャイズ事業部後藤 強様

株式会社Dai様は創業以来、流通業界を中心にBtoBに関する情報誌の出版を行い、出版事業で蓄えたノウハウや情報を活かしたフランチャイズメディアの運営やWEBサービスを提供しています。今回、はじめての計測ツールを導入された経緯についてお伺いしてきました。

広告運用の限界から導入を決断。その結果とは?
~アトリビューション分析による予算最適化の実現へ~

広告運用の限界

まず、アドエビス導入前に課題と思われていたことがありましたら教えてください。

広告の種類が増えて、管理できていないところがたくさんありました。
媒体ごとに管理画面もバラバラだったため、見るべきデータが多過ぎて、監視が行き届いていない状態でした。
そこで、一括で管理できるものが必要だと思うようになりました。
また、元々、リスティング広告だけを利用していたところからディスプレイ広告を始めていくことになったのですが、当初はすぐに結果が出ず、「ディスプレイ広告がどれくらいコンバージョンに貢献しているのだろうか?」ということが気になっていました。というのも、ラストコンバージョンがリスティング広告というケースが多かったのですが、ディスプレイ広告も恐らくは間接的に貢献しているはずだと考えていたので、それをきちんと評価しないと正しい施策や予算配分を行えないと感じたからです。
つまり、広告媒体の規模を広げていくための裏付けが欲しかったんです。

アドエビスに興味を持ったきっかけ

そういった課題からアドエビスにご興味を持たれたわけですね?

そうですね。ディスプレイ広告を始めたことで、アトリビューション評価が必要だと思いました。
社内システムでどこからコンバージョンしたかというデータを取得し、ある程度の把握はできる状態でしたが、さらに踏み込んだ広告評価を社内システム上で行っていくことに無理も感じていました。
そんな時、ちょうど広告担当を引き継いで、社内リソースを増やそうと思っていたタイミングで、御社が説明に来てくださったので、聞くよりも試した方が早いということですぐに導入を決めました。

ちなみに、もともと社内のシステムではどの辺までやろうと思われていたのですか?

始めはラストコンバージョンだけを見ていましたが、ラストだけで広告評価をしたくなかったので、ラストまでの履歴を取るということをしていました。
実際、どういう広告を跨いでコンバージョンしたかというのを貯めていたわけですが、さらにデータを細分化し精度を上げていくには、増え続けるデータとその加工のためにシステムのリソースを別途用意していかなければならない課題もありました。
解析のために自社で専用システムを構築していくのはリスクも伴うので、アドエビスという専用ツールに任せてアウトソースするイメージでやってみたいと思いました。

最終的にアドエビスを導入する決め手というのはあったのでしょうか?

実は、社内ではずっと名前は上がっていたんです。割と有名だと思いますよ。(笑)他のツールで「これだ!」というのは無かったですね。求めていたものがアドエビスの公式サイトにそのまま書かれていたので、導入のイメージが付きやすかったっていうのも大きいです。

導入した後の効果

さて、アドエビスを導入してみて、効果はありましたか?

左:アドエビス コンサルタント 藤原

今まで分からなかったアトリビューション(間接効果)を見られるのは本当に大きいです。TCPAという指標で見ると、直接コンバージョンだけで見たCPAとは違う評価が下せることが、今までとの大きな違いです。

あとは、コンバージョンしたユーザーのWEB上の行動履歴が見られるので、たとえばサイト上での動きを追ってみたり、属性履歴を使って細かい分析をやってみたり、今まで着手していないことを始められるようになりました。

そこから広告の成果は改善してきていますでしょうか?

アトリビューション(間接効果)が解ったことで、CV獲得に全く貢献できていない広告群が明らかになってきました。
「だからこの予算を変えないといけないよね」という意識の共有ができた点が、今は大きな改善点です。
データを蓄積してまだ3か月なので、もう少し様子を見ることになるでしょうが、もっとアクティブに予算を組み替えられるという意識になったことが大きいです。

今後どのように活用していくか

最後に、今後のアドエビスに期待することがあれば教えてください。

データから自動的に、何かしらの改善提案を導き出せるようなことを期待しますね。まだまだ「このデータをどうしたらいいのか?」と頭を悩ませるケースがあるので、活用部分でサポートしていただきたいと思います。
あとは、デバイス別というか、PCとスマホで人の動きって全然違うと思うんですよ。その辺が分かりやすかったらいいかなと感じています。

コンバージョン属性がバージョンアップし、デバイス情報を確認いただけるようになったので、今後さらにご活用いただけると思います。本日は、お忙しい中ありがとうございました。

TOPへ

マーケティング情報をお届け!

購読された場合、「個人情報の取り扱いについて」に同意したものとみなします。